2018/04/28

【湿原に咲く美しい花々を観に行こう!】夏山トレッキング散策ガイド付き宿泊プラン♪

トピックス 注目

八幡平は『日本で1番易しい百名山』とも言われており、標高は1,613mもあるのに山頂まで
30分程度で制覇できてしまうルートがあるのが魅力です。

八幡『平』というだけあって緩やかな登りのため、
『あら?いつの間に山頂に着いたのかしら・・・』と思ってしまうほど気軽に登れてしまいます。

遊歩道も整備されており、トレッキングシューズではなくスニーカーやパンプスで
登ることもできるくらいなんです♪

環境省が推進する“国立公園満喫プロジェクト”に選定された“十和田八幡平国立公園”内の
山のため、自然のままの高山植物や運が良ければ小動物を観ることも。

その中でも『黒谷地湿原』は、木道が整備されている高山植物が豊富な天然のお花畑です。
八幡平の火山活動により川がせき止められて誕生した広大な湿原には、ニッコウキスゲ、
ハクサンチドリ、チングルマ、ワタスゲなど四季によってさまざまな花が咲き乱れます。
また、『熊の泉』という水場は、休憩に絶好の場所。夏場にキーンと冷えた水でリフレッシュ♪

そんな夏の八幡平の魅力をたっぷり解説してくれるガイド付きで散策するプランが出来ました!

▶ 【宿泊プラン詳細はこちらから】